2010年04月26日

【from Editor】待ち遠しい田植え風景(産経新聞)

 高校卒業まで九州のいなかで暮らしたせいか、田園風景を眺めていると妙に心が和む。昨年7月に東京から新潟に転勤してきて、一番うれしかったのは、越後平野を青々と染める水田が見られたことだった。

 夏。稲穂には白い小さな花がつき、実るにつれて頭(こうべ)を垂れた。青い穂がみごとな黄金色に変わると秋の刈り入れ。冬でさえ、どこまでも続く真っ平らな雪景色が美しかった。こうした季節の移ろいを実感できた。当然ながら今年は、昨年の着任前に終わり、見損なってしまった光景が見られると期待している。「もうすぐ、見渡すかぎりの田んぼに水が張られて田植えが始まる…」と。

 それが、3月から続く異常気象の影響でやっかいな問題が起きているらしい。例年ならば、おおかた終わっているはずの田起こし(田打ち)、すなわち田を耕す作業に、遅れが生じている、というのだ。

 植物にうまく育ってもらうには、まず土をよく耕さなければならない。コメ作りも例外ではない。田植えの前には、硬くなった田んぼの土を軟らかくほぐして空気をすき込み、表面と下部を入れ替えてやる必要がある。そのさい、土がほどよく乾いていることが作業を効果的に進める必要条件となる。ところが、今年は例年の1・5倍から2倍近い雨が降ったせいで、いつまでも田んぼが乾かないというのである。

 取材などで県内のあちこちに出向く際、田植えの準備が終わって水を張ったように見えるのに、実は、前年の古い稲株が残ったまま雨水がたまっただけで、田起こしどころではない田んぼが多いことに驚かされる。

 専門家の間では、これでは多くの農家が田植え作業にあてる大型連休までに準備ができないのではないか…といった懸念が広がってきたようだ。

 多くの兼業農家にとって、まとまった田植え休暇が取りやすい連休をはずすと、うまく作付けが進まず、その後の農作業にしわ寄せが及び、ついには収穫にまで響くとされる。新潟のような農業県では、これはゆゆしき事態だ。事情に詳しいある公共機関の関係者によると、「地方では、コメがとれないと農家が元気をなくし、地域経済全体が沈滞する」からだ。

 見渡すかぎりの田んぼに水が張られると、その光景はまるで湖のように映る。大型連休のころ、そんな越後平野を眺めたいものだ。(新潟支局長 三浦恒郎)

<GW>国内航空各社の予約状況 ほとんどの社が前年上回る(毎日新聞)
<将棋>羽生強気、終盤へ 名人戦第2局(毎日新聞)
介護支援ボランティア制度、実施地域が急増(医療介護CBニュース)
自由だけど寂しい「おひとりさま」(産経新聞)
<事業仕分け>因縁の対決 ノーベル化学賞・野依氏と(毎日新聞)
posted by elen55 at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。