2010年02月04日

<新銀行東京>元代表執行役ら2人を提訴…5億円賠償求め(毎日新聞)

 新銀行東京(東京都新宿区)は29日、「旧経営陣によるずさんな経営で銀行の損失が拡大した」として仁司泰正・元代表執行役と丹治幹雄・元執行役の旧経営陣2人を相手に、総額5億円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

 訴えなどによると、2人は05年4月の開業直後から「スコアリングシステム」と呼ばれる自動審査システムを使って、無担保・無保証などの中小企業向け融資を展開。間もなく回収困難な融資が続出し、審査システムの見直しや融資の中止が必要な状態に陥ったが、07年6月の執行役退任まで抜本的な対策を取らなかった。新銀行は両氏の経営上の注意義務違反により140億円の損害を被ったとしている。請求額を5億円としたことについては「支払い能力などを考慮した」と話している。

 丹治氏は「提訴を受けるいわれはないと認識しているが、詳しくは訴状が届いていないのでコメントを控えたい」と話した。

 新銀行は石原慎太郎都知事が2期目の知事選で設立を公約に掲げ、中小企業を支援する目的で都が1000億円を出資して開業。深刻な経営難に陥り、都は08年に400億円を追加出資した。09年2月、同行は、仁司、丹治両氏の法的責任を指摘する外部調査報告書を公表している。

 石原知事は29日の記者会見で、提訴について「裁判を見守りたいと思っています」と話した。【市川明代】

【関連ニュース】
都政この1年:都議選、民・自明暗くっきり/16年五輪招致、東京敗れる /東京
事件で振り返る09年:元教え子による中大教授刺殺/有名芸能人らの薬物汚染 /東京

<朝青龍関>警視庁に「示談」報告…暴行問題(毎日新聞)
保育所定員、5年で25万人増=政府が少子化対策ビジョン(時事通信)
携帯充電池マルチ、設置遅れは「第3世代携帯への対応」と説明(産経新聞)
関東甲信地方で2日未明にかけ雪=10〜30センチ、平野部でも−気象庁(時事通信)
改めて「普天間継続使用含め検討」 官房副長官(産経新聞)
posted by elen55 at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。